poison tree

    2ヶ月くらい前

    出かけようと外に出たら、隣りのお家のご婦人に呼び止められ

    「あなたの家にpoison treeがあるから、大家に言って切ってもらって!」

    ポイズンツリー?

    毒の木?

    驚いて木の場所を教えてもらうと

    毒らしいだよ
    壁と木塀に這うように伸びている緑の葉っぱがポイズンツリーだと

    ご婦人は肌が弱く、草などでもかぶれてしまうとのこと

    なので庭仕事をするときは長袖長ズボンなんだそうです

    ということはこれはうるしの一種?

    それは大変、ぱおこさんがかぶれたらいけないと思い

    写真を撮って不動産屋経由大家さんへ連絡

    結果

    「これはポイズンツリーではないので、自身で切っていただいて問題ありません」

    私もpoison treeを検索したら葉の数や形が違っていたので

    安心して切りました

    と言っても長袖長ズボン、手袋をしてなるべく葉に触れないようにしましたが(^-^;

    後日芝刈りをしていたご婦人を呼び止めてポイズンツリーではなかったこと、切ったことを報告

    ご婦人は、自分は以前別の場所であの葉っぱで肌が荒れたので

    ポイズンツリーでないかもしれないけど自分には毒なんだと熱く語り

    庭仕事をするときは長袖長ズボンなのよとリピートーク

    そんなご婦人のその時の芝刈りスタイルは

    タンクトップにショートパンツ、素足にスニーカー

    「今日は暑すぎてこんな恰好だけどね」

    と照れ臭そうに笑ってました(*^^*)

    今回のことでぱおこさんと山に行くときは葉っぱを注意するようになりました

    ご婦人ありがとう!


    関連記事

    テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

    【2016/07/23 09:19】 | せいかつ アメリカ | コメント(0) | page top↑
    <<おさんぽ | ホーム | 明け方3時の大惨事>>
    コメント
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する

    | ホーム |