ぱおこさん渡米①~情報収集~

    大使館周辺のお散歩から戻り、いざアメリカ大使館へ電話!

    さくらだよ


    電話に出た人に日本語で『犬を連れてアメリカに行くんです』と伝えたら

    ちょっと待ってね~みたいなかんじで 音声ガイダンスに切り替わり

    音声言語を選択してください と言われ
    ※ここは英語だったかも、でもジャパニーズって聞こえたらそれの番号をプッシュすればOK

    日本語を選択 → 犬猫の持ち込み条件を選択 → アメリカ本土への持ち込みを選択したら

    ペラペラペラ~っと持ち込み条件の説明が始まりました

    アメリカ本土へ犬猫を連れて行く場合

    1.入国時に犬猫と一緒に日本の動物病院検疫所で発行された輸出検疫証明書をアメリカの税関に提示
    2.アメリカの検査官が犬猫の健康チェックをして、問題なければそのまま入国できる
    3.ほとんどの州では狂犬病予防接種証明を必要としているので、獣医師発行の有効期限内の証明証があると良い
    ※日本は狂犬病未発生国なので狂犬病予防接種証明証は必要ないとありますが、日本で毎年接種してるので準備しておいて損はないかと

    ということでした

    子犬、子猫はまた条件が違うと思うのですがぱおこさんは9歳なのでそこはスルー

    さくらとぱおこだよ

    このガイダンスを聞いた結果...

    1.の輸出検疫証明書は出国する空港の検疫所で発行してもらえるので出国日に空港で発行してもらおう!
    ※そのために事前申請が必要です。申請方法については次回以降に

    2.の検査官のチェックは問題なくクリアできるようにぱおこさんの健康に気を付けよう!

    3.の狂犬病予防接種証明証は、日本で接種したときに発行される証明証を出国する空港の検疫所で輸出検査証明書に転記してくれるので日本語の証明証でも大丈夫かも?

    でした

    その後懸命に調べたのは

    台湾から日本に帰るとき、日本の検疫に事前申請や登録やらやったのに

    アメリカは必要ないのか!?

    です

    大使館のガイダンスでもそのお知らせはなかったし

    ネットで検索してもそれをやった人はいない

    じゃあ必要ないのか?

    でも 心配



    海外に行った帰り 入国検疫所の人に突撃-----!

    それはそれは 親切に説明していただき 資料も渡してくださいました

    職員さん曰く

    アメリカ検疫への事前申請が必要だと聞いたことはありません

    狂犬病予防接種証明証も、輸出検疫証明書に転記されるので英文の証明証は必要ないと思いますが

    オリジナルの輸出検疫証明書は空港の検疫で回収されてしまうかも

    日本の空港では輸出検疫証明書のコピーも渡しますが、州の獣医さんがオリジナルを要望するかもしれないので

    獣医師発行の英文の証明証を取っておいた方が色々対応できて良いかもしれません

    ということでした

    あと 急に日本に帰国になったときスムーズに入国できるように

    出国前に狂犬病抗体検査をしておくと拘留時間が少なく入国できます

    とアドバイスされました
    ※狂犬病抗体検査についてもまた次回以降に

    ふわーやることいっぱいだ~
    関連記事

    テーマ:★★フレンチブルドック★★ - ジャンル:ペット

    【2016/04/04 08:31】 | ぱおこ 渡米準備 | コメント(0) | page top↑
    <<ご褒美ランチ | ホーム | 門前払い>>
    コメント
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する

    | ホーム |