ランタン見た後~家に帰るまで~

    今年もランタンを見たし、さあぱおこさんの待つ家に帰ろう!

    と会場を後にしたら

    ランタンをバックに結婚写真を撮影している人たちが
    wedding photo

    「よく考えたねぇ~」

    なんてこの頃は余裕があった我々。

    来た道を戻っていると、段々と人が増え、進みがゆっくりに。

    狭い道路に「会場へ行く人」と「帰る人」が押し合いへし合い。
    ぎゅうぎゅう
    左側は会場へ行く人たち。
    途中で買ったランタンが壊れないように頭上に持って歩いています。

    帰る人が圧倒的に多くて、会場へ行く人が歩けず

    最後には警察が人壁となって割入ってきたのですが、効果ほぼゼロ。
    あまり効果がなかった

    背の低い私は呼吸もし辛いし、夫もカメラが重たいし

    どこまでこの人ごみが続くのかわからず

    「段取りが悪い」とか文句をブツブツ。。。

    しかしまわりの台湾人たちは

    すれ違う人に

    「これ、あとどのくらい続いてるの?」

    と聞いてみたり、友達同士で

    「うわ~ 押されるぅ~。みんなちゃんといるぅ~?」

    と、声を掛け合ったりしてニコニコ。

    みんなの前向きな反応に驚く我ら。

    やっとこ人ごみを抜けたと思ったら、目の前にはバスに乗る人の列が。

    もうグッタリで、この列に並んでバスで帰るか

    しばらく歩いて十分駅から電車に乗るかを夫に決めてもらう。

    結論

    電車で帰ろう。と。

    確かにバスの行列は長いし、道路はバス、一般車両、バイクで渋滞。

    バスに乗れても何時間かかるかわからない。

    早速 老街を歩きながら駅を目指す。

    線路の上にも人いっぱい
    食堂でゴハンを食べる人、ランタンを飛ばす人

    線路を歩いて記念撮影する人

    なんとも楽しそうです。

    すると、激しい笛の音が!
    いそげいそげ~

    汽車通過~
    撮りテツにはたまらない距離だろうなぁ

    手を振る
    ばいば~い

    ここまでは私たちも楽しんでた。

    しかし、駅に到着して人の多さに驚き

    いつ汽車が来るのかわからず、愕然。

    駅員さんに「次の汽車はいつ来るの?」と聞けば

    「わかりません」とバッサリ。

    それでも帰る方法はこれしかないので

    ホームで待ち続けていたらやっと汽車がやってきた。

    みんな拍手喝采!

    どうにか乗れたと思ったら、今度はいつ発車するのかわからない。

    でもみんな、あまり気にしてない様子。

    ぎゅうぎゅうの車内でもニコニコおしゃべりしてる。

    ドアが閉まって発車したら

    またもや 拍手喝采!

    ここまで来たら、クサクサと不満を口にしている自分が馬鹿らしくなり

    「やったー 発車した!」

    と喜んでみた。楽しくなった。

    その後は汽車が駅に停まるたび、誰かが

    「えー この駅どこ?」

    すると誰かが

    「○○駅」とこたえる。

    私が日本で住んでいた場所では絶対に見られない光景。

    大体 これだけ混雑した車内だったら、みんなイライラして

    「押した、押さない」というケンカの一つも起きているはず。
    (という話をある日本人の方にしたら「東京コワイ・・・」と言われた
    私は結構頻繁に目撃したことがあるんだけど、首都圏だけのことなの?)

    そんな陽気な満員電車にゆられて家に帰ったのでありました。

    ちなみに、会場を後にしたのは午後7時。

    家に着いたのは午後11時半。

    すっかりくたびれたけど、ビールが美味しかった!

    今年は天気も良かったので、人もたくさんいたんでしょうね。

    見に行かれる方はこの辺も考慮してお出かけください。
    関連記事

    テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

    【2010/03/03 17:53】 | おでかけ | コメント(5) | page top↑
    <<誰が作ったと思いますか? | ホーム | ランタン祭りに行ってきた>>
    コメント
    ポジティブに生きろってことねv-10
    【2010/03/05 08:38】 URL | マニコ #-[ 編集] | page top↑
    >マニコさま
    本当にそうでした。
    考え方を変えると楽しくなるもんです。
    【2010/03/05 21:56】 URL | ばなな #-[ 編集] | page top↑
    昨日同じ体験しましたー。
    激激激混みの平渓線の中、自分の身もままならないのに子供をみんなであやしてくれたり、押されないようにかばってくれたり、その後乗り換えた自強号では、指定席に座ってた女性に席を譲って(強制的にだけど)もらい・・・日本じゃ有り得ない!でしょ?
    ほんとに台湾人から教わること多々ありとシミジミ感じた時間でしたわ。
    【2010/03/07 01:21】 URL | 蓮蓮 #Osn90QFQ[ 編集] | page top↑
    いやぁ~大変でしたね。
    ランタンの余韻も一気に吹っ飛びそうな。

    タクシーをつかまえることは不可能なんですか??
    近くにいいホテルなどは?

    う・・・ん、この混雑に自力で行くのは無理。
    【2010/03/07 09:44】 URL | jun #H6hNXAII[ 編集] | page top↑
    >蓮蓮さま
    お疲れさまー。腕は大丈夫ですか?
    人間状況が変わると視点も変わりますよね。
    台湾人の良いところは、どんどん見習って
    真似しようと思いました。


    >junさま
    ランタンの余韻は吹っ飛びましたね(笑)

    この日は会場周辺の交通規制をするので
    一般車輌はもちろん、タクシーも入れないのですよ。
    (地元の人は通行証を持っている)
    なのでシャトルバスか、電車しかない。
    あ、バイクは入れます。

    いいホテルはなく、民宿ならアチコチにあったなぁ。

    毎年こんなカンジらしいので、出かけるなら覚悟して!
    【2010/03/08 21:41】 URL | ばなな #-[ 編集] | page top↑
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する

    | ホーム |