青紙届いた~番外編~
    先日、郵便局から青紙が届き出頭してきました。

    結果、台湾に持ち込めない野菜たちを処分することにしたので手続きをすることに。

    破棄依頼書を書くのですが、そこには

    ・依頼人の住所、名前
    ・破棄する物
    ・重量

    を記載することになっています。

    さて書くか。と、紙を前にしてあ然。
    困った。大根の中国語名を書けない・・・。
    発音はできても、漢字を覚えていない。
    ※ちなみに大根は台湾では「蘿蔔」と書きます。

    う~ん。と悩んでいたら、同じく出頭してきていた台湾人男性(通訳もしてくれたナイスガイ)が

    「私が書いてあげましょう」って。

    ああ、神様ありがとう。

    そしていざ書き始めてくれたのですが

    「あれ、蘿蔔の蔔ってどう書くんだっけ?」とブツブツ

    書き損じてしまい、取り消し線で修正していたら、通りすがりの職員に

    「それはダメです。新しく書いて下さい」と言われ、書き直し。

    2枚目は、書類に書かれている野菜の重量を写し間違えて、書き直し。

    3枚目で完成したので、私が自分で住所と名前を記入して提出。

    待つこと15分くらい。

    急ぐ用事もないので、ぼんやり待っていたら

    「この破棄依頼は誰が書いたのー?」って呼ばれました。
    (というか、依頼人の名前が書いてあると思うんですが)


    「はーい、私ですー(゚Д゚)ノ」と手を挙げたら



    「これね、ダメ( ̄_J ̄)」



    ( ̄Д ̄;;



    理由を聞くと

    野菜の総重量が間違っているとのこと。

    代筆してくれた男性が、数字を写し間違えていたようです。

    しかも「1」と「7」などの、書き方によっては判別しにくい数字ではなく

    「1」と「5」とか「2」と「8」という


    なかなか見間違えないんじゃないかな~。



    という数字を間違えていらっしゃいまして・・・。

    男性は

    「あれぇ、おっかしいなぁ~」

    みたいなことを言いながら、書類を再確認。

    人にやってもらいながら、何だかおかしくなってきてしまった私。

    取り消し線がダメだから、また一から書き直しと思ったら

    職員の方が、依頼書の数字のところにビビッと二重線引いて

    「はい、この横に正しい数字書いて( ̄_J ̄)」

    って。

    なんだ、いいのか。と思い、書類を見ながらそこに書いてある数字を記入。

    そして職員の方が電卓を持ってきて、検算。










    「まだ合計が違う!」って







    えええー。書類と依頼書の数字を照らし合わせても、全部同じ。



    職員さん、オリジナルの書類の数字を検算。









    結果
























    書類の合計数量、全然違うことが判明




    私、一人大ウケ。


    どうするんだろう?と思ったら、オリジナルの書類はそのままで、破棄依頼書の合計数を正しい数字に訂正して終わりました。

    帰り道、救出した野菜以外のものを抱えて歩きながら

    心に余裕があるときに遭遇したので良かったけど、急いでいるときだったら頭にきただろうなー。

    と思い、一人ニヤニヤしながら歩きました。



    関連記事
    【2007/12/01 12:12】 | せいかつ | コメント(4) | page top↑
    <<私の駆け込み寺 | ホーム | ぬっくりぬくぬく>>
    コメント
    さすが、台湾!
    登場人物の全てが、南国の大らかさをもっていらして、日本じゃ考えられませんね。
    昨日の朝刊に数学的応用力は57カ国中、台湾がトップと載っていました。なのに…?
    ちなみに日本は10位。ただし、この結果には続きがあって、日本の努力値(一生懸命の度合い)は、参加国の中で最低だったそうな。そして、さらに続きが、もしもテスト結果が個人の成績に反映されるとしたら、この努力値が一気に跳ね上がるという統計結果があるらしい。
    耳痛いです!間もなく通知表配布です。
    【2007/12/06 08:30】 URL | hana #S3ouuctM[ 編集] | page top↑
    うぎゃ~わたしだったらブチ切れです
    あんたやっといてよッって言って帰るかも
    しかしその見知らぬ男性の広い心の親切は素晴らしいですね!
    わたしも心に余裕を持たないと!と思うエピソードです
    でも野菜輸送作戦失敗ですね
    残念&もったいないでしたね
    【2007/12/07 00:50】 URL | mango #-[ 編集] | page top↑
    いいですねえ、台湾らしいエピソード!
    その親切な方といい、いい加減さといい・・・(笑)
    ほんとにものごとに余裕を持って臨まないと、キーッってなっちゃいそう。
    ある意味、台湾の生活は日本のキチキチの生活を省みることのできる
    貴重な時間かもしれないですねって、ポジティブシンキングで
    言ってみました。どうでしょうか!?
    読んでて私もニヤニヤです・・・^^;
    【2007/12/07 04:01】 URL | のんたん #-[ 編集] | page top↑
    >hanaさま
    台湾の数学的応用力がトップ!
    納得できるかも。頭の中でそろばん弾くのは、日本人よりうまい気がしますし。
    日本人の努力値に関しては、ちょっと哀しかったり。。
    もうすぐ通知表!!!懐かしいっ!


    >mangoさま
    私も急いでいたら、怒りまくっていたと思います。
    でも「ここは台湾」と思えば、自然と怒りもおさまるというか、「しゃあないな」みたいな。
    あと、親切にしてくれた方がいたので救われたというか。
    しかしこのペースに慣れてしまうと、日本でどうなるのか不安はあります・・・。


    >のんたんさま
    きっと私よりも、色々な経験をお持ちでしょうね。
    日本のキチキチ生活を省みる貴重な時間。。。いい発想ですね~。確かにそう思います。神様が与えてくれたチャンスに感謝です。
    何ごとも前向きに考えると、心も軽くなりますね。
    【2007/12/08 23:39】 URL | ばなな #-[ 編集] | page top↑
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する

    | ホーム |