日本といえば・・・?
    ずいぶん前、中国語の練習問題で

    「日本といえば、何を思い出す?」(説到~の使い方)

    という問いがあったんです。

    するとイギリス人男子が

    「機器人( ̄_J ̄)」※機器人=ロボット



    ロボットォ(゚Д゚)




    本田技研の「ASIMO」のことを言っているんだと思い

    「ああ、ASIMO?」

    と聞いたら、真顔で

    「違うよ。ほら中に人が入って動かしたり、人や車がロボットに変身したりするやつ。映画とかアニメにあるでしょ」

    それって・・・

    ガンダム(は、ロボットじゃないんでしたっけ?)とか、マジンガーZのこと!?

    彼は日本のロボットのデザインとか、変身する過程などがとても凝っていて好きだそうです。
    「よくあんなに色々な形のロボットを考えられるよね~」と感心していました。

    すると、それを聞いていた老師が

    「でも、ロボット映画のほとんどはアメリカが作っているじゃない。
    今上映している"變形金剛"(Transformers)もアメリカでしょう。日本がアメリカのロボットを真似しているんじゃないの?」










    なんですと(#`-_ゝ-)


    聞き捨てなりませんな。

    これを聞いた私とイギリス人、異口同音で

    「不是~~~~~!」

    と即否定。そして私が説明するよりも先にイギリス人が

    「あの映画の原作は日本。アメリカ人にはロボットのデザインなんてできないよ。真似しているのはアメリカ人の方っヾ(*`Д´*)ノ"」


    あまりの剣幕に、老師も私もポカン(゚Д゚)

    フォローしてくれて嬉しいけど、そこまで言うかねイギリス人よ。

    彼、相当アメリカが嫌いなようです。

    初対面の人から「アメリカ人?」と聞かれると、すご~~~~くイヤそうな顔して否定してますから。
    しかし聞くほうも、「どこの国の人?」と聞けばいいのに、どうして「アメリカ人」と決めてかかるんでしょうねぇ?


    ちなみに、老師の「日本といえば~」は
    冷蔵庫、洗濯機、炊飯器などの白物家電だそうです。


    <<参考>>Transformers
    transformers.jpg
    ※日本ではもうすぐ上映ですね。
    関連記事
    【2007/07/27 16:45】 | 中国語 | コメント(7) | page top↑
    ニッポンの定食!
    ここ数日、お昼になると夕立がきます。

    雷ゴロゴロ、稲妻ビカビカ、バケツをひっくり返したような雨。

    この前も学校帰りに「微風広場」へ寄り道して、帰ろうとしたら

    大雨。

    (日傘だけど)傘はあるのでバスに乗ろうかと考えのですが

    ちょうど12時だし、雨宿りがてらお昼を食べることに。

    何を食べようか考えて

    一人ゴハン@「大戸屋
    20070731125727.jpg
    炭火焼しまほっけ定食 270元+10%TAX(1元=約3.5円)
    久しぶりの焼き魚~♪

    美味しかったです(薄味の私には、少し塩味が強かったかな)

    食べ終わって外に出たら、雨もあがってました。

    雨のおかげでちょっと贅沢。
    関連記事
    【2007/07/25 13:00】 | たべもの | コメント(7) | page top↑
    CREATIVE友人夫婦へ
    先週の日曜日、友人から

    「EMSで荷物送ったよー♪5日以内で着くと思う」

    とメールがありました。

    すると、翌月曜日のお昼に
    20070728174007.jpg

    届いたっ!( ̄Д ̄;;

    すぐに届いて嬉しかったです。しかし、それ以上に

    驚いた!

    海外郵便なのに、こんなにはやく着くなんて!

    いやぁ、便利な世の中です。

    さてさて、気になる中身。
    20070728174606.jpg
    フレンチ・ブルドック専門誌「BUHI」と、「デジタルカメラマガジン」
    オレンジ色の箱の中身は
    20070728174822.jpg
    Ecole Criolloの焼き菓子詰め合わせ♪
    久しぶりの日本の焼き菓子!やっぱりおいしーい♬

    右のブルーのパッケージは 20070728181012.jpg

    友人のやっているワンピース屋さん透明マニラのTシャツ。
    ワンピース専門店なのですが、今年Tシャツを作ったというのでお願いして送ってもらいました♪
    ちなみに、ここのワンピースは彼女の手作りで、1点モノばかり!
    世界各国で仕入れた布やボタンを使って作るので、日本では見ない生地もあって、HPを見ているだけでも楽しいです。

    ワンピース屋さんの彼女のご主人は、会社員の一方でバンド活動をやっています。
    2月に会ったとき「CDを出した」と聞いていたのですが、手に入れることができなかったんです。
    今回、彼のバンドBimbeers(HPで試聴できます)のCD(写真中央)も同梱されていて嬉しかったです♪仕事も忙しいはずなのに、作詞・作曲をして、東京都内でライブもやっています。その上、ワンピース屋さんのHP管理もやっているそうで、寝る時間あるの?と心配になります。

    友人夫婦は「美味しいモノ」も大好きなので、二人が台湾に来た暁には、美味しいモノめぐりをして今回の贈り物のお返しをしたいでっす。

    そのためにも、台北探検をしておかないと!!!


    関連記事
    【2007/07/23 20:01】 | せいかつ | コメント(2) | page top↑
    やってもうた・・・
    今回のこと、台湾に住んでいる人のブログで、何度か読んだことがあったんです。

    読みながら

    自分は大丈夫!

    と、思っていたんです。

    まさか・・・やってしまうとは!


    そう、あれは金曜の夜。

    8時ごろ夫が帰宅して、一緒にぱおこさんのお散歩に行きました。

    汗だくになっていつものコースを歩いて、家路についたのが

    9時近く。

    アパートの入口近くで、夫と私


    「鍵ちょうだい」


    と、お互いの顔を見たんです。


    (゚Д゚)え!?




    ま、まさか!!!



    鍵を持って出るの忘れたかぁっ 

    ( ̄□ ̄;( ̄□ ̄|( ̄□ ̄||( ̄□||||ガガガーン!!


    アパートの入口にも鍵があるんですが、それよりも問題は家の玄関。

    我が家は台湾でよくある2重ドアになっていて

    外側についているドアは、ノブがない。
    (写真参照↓)
    20070724231115.jpg

    ノブがないので、鍵がないと開けられないんです。(鍵を差し込んで、ノブのように右にまわすとドアが開く)

    ゆえに、このドアが開かないことには家に入れない。。。

    顔面蒼白( ̄Д ̄;;

    とりあえず、アパートの管理人さんの所へ。

    でも管理人さんは、建物の入口の鍵しかもっておらず我々の事情を聞いて

    「どうするの?」

    私たちも

    「どうする?」

    しか言えず。

    しかも、私たちってば財布はもちろん、携帯も持っていないので、誰かに連絡取ろうにも出来ない状態。

    管理人さんは大家さんに電話をかけたのですが、台北にいない。と言われたそう。

    その後鍵屋さんを呼んでくれて、一件落着かと思いきや

    鍵屋さん、我が家のドアを見るなり

    「このタイプのドアは、開けられません( ̄_J ̄)」

    あう~~~~~(;´Д`)ノ
    ※その一方で「泥棒も入れないぞ!」と安心したのは言うまでもない。

    では向かいの家のベランダから、我が家のベランダに侵入するか!

    ココは6階。ベランダとベランダの距離もあったような気がする。。。

    私「大丈夫?」

    夫「やるしかないだろ」

    意を決してお向かいさんの呼び鈴を鳴らす。
    ※お向かいさんとはお酒を飲んだり、お出かけしたりする仲の我ら。

    ・・・・・・

    留守らしい il||li _| ̄|● il||li

    私「はしご車呼んで、ベランダから入ろうよ」

    夫「いやだよ恥ずかしい」

    私「じゃあどうする?」

    結論がでないまま、再び管理人さんの所へ。

    管理人さんは、鍵屋さんがドアを開けてくれたと思っていたので

    また我々が来てビックリ!

    管理人さん「ど、どうした?」

    我々「鍵があかない・・・」

    すると管理人さん、思い出したかのようにどこかへ電話をかける。

    どうやら大家さんのお母さん。

    数分間のやり取りののちに

    「今から鍵持ってきてくれるって。座って待ってな」

    やった~~~~ヽ(´▽`)/

    待っている間に管理人さんにいただいた、黒松コーラの美味しかったこと!

    10分後、鍵到着。

    時間は10時30分をまわっていました。

    いや~長いお散歩でした。

    鍵は大切。

    デカケルトキハ、ワスレズニ。(←コレ、わかる人いるかなぁ。)



    関連記事
    【2007/07/21 23:08】 | せいかつ | コメント(10) | page top↑
    恵方巻キンパッ
    先週の午後、友達から電話があって

    「今あなたン家の近所の美容院にいるから、おいでよ~♪」

    と誘われました。

    どうせ行くならシャンプーでもしてもらおうかと出かけたときに

    彼女がお店で、胡瓜をまるかじりしながら

    あるものを食べていたんです。

    美味しそうだったので、私も食べてみたくなり、後日お昼に買ってみました。
    20070723180809.jpg
    キンパッ 39元(1元=約3.5円)
    キンパッは、韓国海苔巻きのこと。
    白いゴハンを海苔で巻いただけのものもありますが、色々な具を巻いた日本の太巻きのようなものです。
    20070723181406.jpg
    海苔とゴハンの間にもラップが巻いてあって、海苔がシナシナにならないようになっています。(写真ではわからないですね~(^^;)
    20070723181242.jpg
    メニューの下には食べ方ガイドも載っていました。
    今回私が食べたのは、「高麗泡菜焼肉」(キムチ焼肉巻き)
    20070723181641.jpg
    キムチ、お肉、お豆腐、レタスがぎっしり!
    (一切れだけだと見た目が良くないなぁ・・・)
    でも、美味しかったですよ。安いし、手軽だし。
    恵方巻きのように、かぶりつくのも良し
    何種類か買って、切って、盛り付けて、「キンパッパーティー」もいいと思います。

    【米露屋】復興北路313巷45号1F
    ※「食彩・櫻」と同じ通り


    関連記事
    【2007/07/19 18:03】 | たべもの | コメント(5) | page top↑
    刃物たち
    金門島で買った、刃物たち。
    20070722175240.jpg

    一番右は包丁。

    他3本は、夫のナイフ。

    1本に絞りきれず、3本まとめてお買い上げ。

    男の人ってこういうの、好きみたいですね。

    使うところ、見られるのかしら私。

    てかね、いつどこで使うんだろう。

    夫曰く

    「いざという時使うんだ!」

    だそう。

    「いざ」って・・・?

    関連記事
    【2007/07/17 17:53】 | かいもの | コメント(4) | page top↑
    芋を洗うよう
    猛暑続きの台北です。

    日中は息苦しい暑さなので、極力外出を避けています。

    そんな中、ガイドブックを片手に歩いている観光客を見かけると心配になります。

    どうか体調を崩しませんように。。。


    暑いので、夏バテ防止にも水泳を続けたいのですが、夏休みに入ったので公営プールも夏休み仕様になってしまいました。

    ・5コースのうち2コースを水泳教室用として使用。
    ・残った3コースは人が集中して渋滞。
    ・しかもそのコースの端には、泳がないでおしゃべりしている男女がダンゴになっている。
    ・フリースペースではちびっ子が遊んでいる。

    この状況を台湾の人に話したら、その人が通うプールも

    「朝6:30から水泳教室やっていて、おかげで他のコースは渋滞しています」
    と同じことを話していました。

    「こういう状態を日本では"芋を洗うよう"って言うんですよ」

    と話したら

    「台湾では、"水餃子みたい"って言います」

    と教えてくれました。

    プールは大きいお鍋で、人は茹でられる餃子。

    想像したら、おかしくなりました。



    関連記事
    【2007/07/15 16:41】 | せいかつ | コメント(5) | page top↑
    金門島2泊3日の旅-3日目
    朝起きたら脚が筋肉痛だった、3日目。

    この日も好天!朝10時にホテルをチェックアウトして出発。

    到着するなり、夫興奮。
    刃物工場 20070715170118.jpg


    20070715170150.jpg
    戦時中に金門島へ向けて発射された砲弾を使って、刃物を作っています。

    実際に包丁を作ってくださいました。
    20070717131538.jpg

    20070717131555.jpg

    20070717131651.jpg
    あっという間に一挺できてしまい、驚きです。
    私は普通の包丁を一挺。夫は、サバイバルナイフを数本買っていました。(サバイバルナイフ、一体いつ使うのでしょう?)

    こちらも金門の名物 20070717132403.jpg

    高梁酒の工場です。
    アルコール度数のとても高い(28度、38度、58度)のお酒です。ウォッカみたいというのでしょうか?

    初めてこの58度を飲んだとき、アルコールが強くて飲めませんでした。
    今は、少しだけ、飲めるようになりました。でも飲む機会なんてほとんどないのですが。

    試飲で飲んだ、58度の高梁酒 20070717132803.jpg

    美味しかったです。
    寒い日に、度数の高いお酒を飲んで身体を温めると聞きますが
    暑い日に飲んだ高梁酒も、悪くなかったです。
    キンキンに冷えていて、トロリとした舌触りが良かったです。

    お昼は、鍋貼屋へ 20070717132816.jpg


    豚肉のから揚げ 20070717132828.jpg

    酸棘湯 20070717132840.jpg

    瓜の炒め物 20070717132905.jpg

    これも名物牡蠣オムレツ 20070717132917.jpg

    鍋貼(焼餃子) 20070717132853.jpg

    どれも感動的に美味しくて、無言で食べ続けてしまいました。
    ※もちろんビールと共に。

    午後最初の観光は、「八二三戦史館」
    20070717132930.jpg

    1985年1958年の八二三砲戦の史料館です。20070717132942.jpg

    1985年、ついこの前ですよね。

    << 訂正 >>
    1985年ではなく、1958年です。Qing Zuiさま、訂正ありがとうございます。
    Qing Zuiさんの金門旅行記はコチラ
    解説が詳しく書かれていて、わかりやすいです。


    車に乗って、目指すは「馬山観測站」
    20070717133013.jpg
    右側が観測站への道。左側は、軍事施設があるので入れません。
    ちょっと入ってみたら、小屋の中から軍人さんに見られました。
    そこで退散。

    ここは対岸(中国大陸)までの距離が約2.1kmという近さ。
    20070717133025.jpg

    薄暗いトンネルを抜けると観測室がありました。
    望遠鏡が備え付けられていて、そこから眺めると本当に目の前に大陸が広がっていました。
    泳いで渡れそうです。(この旅行の数日後に、大陸から泳いで金門島に密入国しようとした男性が捕まった。というニュースがありました)

    ※トンネル内撮影禁止なので、写真はありません。

    観測站手前にあった馬山播音站。
    20070717133036.jpg

    対岸に向かって、プロパガンダを流していたそうです。

    この観測站に来た時に、以前韓国で行った軍事境界線(38度線)を思い出しました。
    近いのに、遠い国。

    旅行もいよいよ終盤。
    20070717133047.jpg

    最後はビジターセンターでした。
    金門の古い家の作りや、野鳥のことなどがわかりやすく解説されていました。

    飛行機の時間までまだまだあったのですが
    「もう見るとこないから、空港で休憩してなさい」
    とガイドさんに言われて一路空港へ。

    無事に、2泊3日の金門旅行を終えたのでした。

    小さいけど、とても興味深い島です。

    機会があったらまた行きたいです。


    special thaks to 黒子課。
    関連記事
    【2007/07/13 20:59】 | おでかけ | コメント(7) | page top↑
    金門島2泊3日の旅-2日目後編
    お腹もいっぱいになり、涼しくなったところで午後の観光開始。

    翟山抗道20070714161445.jpg

    上陸用舟艇発着基地で、海に面した半地下のトンネル。

    20070714161457.jpg
    トンネルの手前には実際に使われていた上陸用舟艇が展示されていました。

    20070714161511.jpg

    20070714161551.jpg
    入口にはスローガンが。
    「母忘在莒」は色々な所でみかけます。
    燕に責められ莒が滅びそうになったときに、逆転勝利したという中国故事が由来。
    「今我々は莒であることを忘れるな、必ず勝利する」という意味だそうです。

    20070714161525.jpg
    トンネルを入ると、中から風が吹いていました。海風ですね。

    20070714161537.jpg
    向こうの明るいところが外(海)
    当時は24隻ほどの船が隠してあったそうです。


    次は防空壕へ。20070714161613.jpg

    入るとおじさん二人が気だるそうにTVを見ていて、ノートに代表者の名前と人数を記入。
    ここだけは、入場料一人10元(1元=約3.5円)がかかりました。
    ※他の施設は全部入場無料。
    地下に続く階段。20070714161628.jpg

    給水ポンプ。20070714161638.jpg

    スローガン。20070714161648.jpg

    道幅1mほどのトンネルを抜けると20070714161701.jpg
    出口。20070714161712.jpg

    今回の旅行で何度もトンネルを通ったのですが、何度通っても緊張しました。何もいないはずだけど、何かいる気配を感じるというか。

    次の目的地へ向かっている途中、運転手さんが一軒のお土産物屋さんへ寄りました。
    聞けば預かり物があるから、ピックアップしろとのこと。
    お店に入ると名前を確認され、奥から出てきたのは
    20070714172635.jpg
    金門名物 貢糖と高梁酒詰め合わせ!
    一体誰が???送り主を確認したら

    夫の会社の同僚からでした。

    彼は小金門島出身で、今回我々が金門島へ行くときに観光スポットアドバイスをして下さった方。
    「金門島は、日本語が通じないし(ホントそうでした)、何か困ったことがあったらいつでも電話して下さい」
    と言われていたんです。
    しかもこの日の昼前には、本人から「今どこですか?大丈夫?」という電話もかかってきていたんです。
    「親切だね」と喜んでいたら、このサプライズ!
    驚きと喜びと、ちょっと感動したりして。。。

    それにしても、どうして私たちのガイドさんがわかったんだろう。
    小さい島だから、何でもわかるのかなぁ?

    さて、お土産を乗せて向かったのはコチラ。
    20070714161723.jpg

    20070714161755.jpg

    「水を持って行きなさいね」とガイドさんに言われて、その通り水を持って車を降りる。

    坂?軽い山登り?20070714161812.jpg

    ま、確かに「太武山」ってあるから山なんだよな。
    でもきっと、目的地はすぐなんだろう。
    そんな軽い気持ちで、山登り(とは言わないか)開始。

    登り始め 20070714161823.jpg


    1分後・・・















    20070714161835.jpg

    手にした水も、日傘も、自分の身体さえ(これが一番)も重たく感じられました。
    汗はダラダラ、西日ギラギラ、奪われる体力。

    「水を持って行きなさい」という意味がわかりました。

    蔣經國象 20070715150855.jpg
    この胸像が終点かと思ったら、みんなまだ先を歩いていくので違うと判明。

    山道を登り続けたら 20070715153341.jpg
    島を一望できました。
    この山は島で一番高い山だから、登れば眺めも良いのですね。
    そこからまたまた数分歩いたところに、それはありました。

    蒋介石が書いた「母忘在莒」を石に彫ったもの20070715153610.jpg


    金門島の観光案内に必ず載っているこの岩は、こんな険しい山の上にあったんですね~。

    本当はこの先もあるんですが、すっかり満足したので(というか、もう疲労困憊)山を降りることにしました。

    車に戻って、「ホテルに戻ってもいいよ~」という気持ちでしたが、次に行ったのはこちら。
    模範街 20070715154425.jpg
    日本の大正時代の街並みを模した通り。

    20070715154733.jpg

    20070715154745.jpg


    これにて本日の観光は終了。

    夕飯は、お昼と同じお店に行ってしまいました!
    牛肉炒飯 20070715155235.jpg

    海鮮麺線 20070715155247.jpg

    あと餃子とビール。

    お店からホテルに戻る途中で、夜の撮影大会。
    莒光樓 20070715155948.jpg

    1953年に建てられた宮殿様式の中国風建物。
    昼はこんなカンジ 20070715160457.jpg


    20070715160000.jpg
    ここから見る景色もキレイでした。

    3日目へ続く。


    Special thanks to 黒子課。
    関連記事
    【2007/07/11 16:20】 | おでかけ | コメント(3) | page top↑
    金門島2泊3日の旅-2日目前編
    載せ忘れました、初日の夕飯です。

    豚肉あんかけゴハンと海老チャーハン20070711183933.jpg
    飲み物がないお店だったので、近所のコンビニにビールを買いに走ってくれた夫。

    ビールを手に戻ってきた彼の笑顔が凍りました。

    ドアに酒禁止のシールが貼ってあった・・・(;´Д`)ノ
    このお店、お酒禁止だったんです。
    ひょっとして?と思い、とぼけてお店の人にお酒を飲んでもいいか聞いたら

    「不行( ̄_J ̄)」

    とバッサリ断られました。。

    泣く泣くビールを隣においての晩御飯。
    20070711183944.jpg





    明けて二日目。

    朝10時に迎えのタクシーが来てくれて、観光開始!

    慈堤 20070711190710.jpg

    湾を埋め立てて作られた橋。
    橋の西側に、大陸が見えます。
    20070711191128.jpg

    車に戻ってしばらく走ると、双鯉湖が見えてきます。
    その向こうに旧式の家屋を発見。
    20070711193625.jpg

    村(っていうのでしょうか?)の入口には「風獅爺」と呼ばれる風神がいました。
    20070711193838.jpg

    この風獅爺は、冬の北風から島を守るためにおかれている「金門の民間の守護神」
    20070711194354.jpg
    20070711194657.jpg
    今も、人が住んでいます20070711194716.jpg
     
    でも、誰も見かけませんでした。

    たくさん写真を撮らせてもらい、次の場所へ移動。

    古寧頭戦史館 20070712163330.jpg

    正面に見える銅像は 20070712163358.jpg

    その両脇には「金門の熊」と呼ばれる戦車が 20070712163303.jpg

    ここは、1949年10月に起きた、大陸からの攻撃を撃退した記念に建てられました。20070712163316.jpg

    ここを出たあとに、この戦いで砲撃を受けた壁が残されているという場所へ。20070712163412.jpg

    弾痕が、戦いのすさまじさを感じさせました。20070712163425.jpg

    午前中から内容の濃い観光で、少しバテ気味な私たち。
    そろそろお昼ゴハン。
    ガイドさんにお任せして連れて行っていただいたのはコチラ。
    20070712163458.jpg

    金門牛って、美味しいそうです。
    餌に高梁を食べているからと説明されましたがどうなんでしょう。
    20070712163510.jpg

    臓物系の小菜。ムッチムチのコリコリで美味しかったです。
    ※もちろんビールと一緒にいただきました。
    牛肉麺A 20070712163521.jpg

    牛肉麺B 20070712163548.jpg
    入っているお肉の部位が違います。微妙にスープの味も違ったような・・・。
    この写真はアップで撮っているので判り辛いですが、この器、すっごく大きいんです。洗面器くらいありました。
    牛肉餃子 20070712163600.jpg
    肉汁たっぷりのジューシーな餃子。韮もたくさん入っていて、美味しかった!
    夫はこれが一番気に入っていました。
    ここの牛肉はとてもやわらかく、臭みがなく、とても美味しかったです。お肉に臭みがないからスープもクセのないシンプルな味付けで、美味しかったです。
    「美味しい」ばっかり書いてしまいましたが、本当に美味しかったので仕方がないです。

    そして後で、ここで摂取したカロリーを消費する出来事が待っていたのでした~。

    2日目後編へつづく


    Special thanks to 黒子課。
    関連記事
    【2007/07/09 18:41】 | おでかけ | コメント(5) | page top↑
    金門島2泊3日の旅-1日目後編
    冷房の効いたタクシーで観光しているとはいえ、自分の足で見て回る場所が多いこの島。

    この日は好天に恵まれて、気温は35℃を上回っていたはず。

    観光開始1時間を過ぎた頃から、夫と二人、汗だくになっていました。

    そんな時、ガイドさんから

    「お昼ゴハンは名物の麺線はどう?」

    との提案が。お腹も空いていたし、涼みたかったのでお店に連れて行ってもらいました。
    20070710152620.jpg


    お店には冷房はなかった・・・。

    そして、暑い中、アツアツの麺線を頂いたのでした。
    20070710152752.jpg
    あつかったけど、牡蠣がたっぷり入っていて、それはそれは美味しかったです。

    食事の後も、お寺や公園を見学して、全身汗だくで行ったのがこちら。

    勇士堡
    20070710154154.jpg


    ガイドさんは「車はあっちで待ってるから、向こう側に出てきてね」と行ってしまいました。

    中に入ると・・・



    トンネル。
    20070710154524.jpg


    道幅は1mくらい。こんな路が山の中に張り巡らされています。

    ひんやりとしていて、静かで、外の様子が全然わからない。

    そんな中に、台湾を守る軍人が寝泊りしていて
    20070710155048.jpg

    壁に描かれたマニュアルをもとに
    20070710225522.jpg

    小さな窓をつかって 敵から台湾を守っていたわけです。
    20070710225226.jpg

    日本がバブル経済で浮かれていた頃、ここは私の想像もしない場所だったんだな。と思うと、口数も減ってしまいました。

    夫と二人、気持ちがシンとしてしまい

    カメラのシャッター音だけが、トンネルの中に響いていました。





    ようやっとトンネルを抜けて、ガイドさんのタクシーに乗って

    「今日最後の観光地」

    に案内されました。
    九宮坑道
    20070710230142.jpg


    物資をあげる船が砲弾を避けるために作られたトンネル。
    20070710230618.jpg

    岩盤を砕いて掘られたトンネルです。

    このトンネルを抜けると、金門島への船が出る港へつくことができます。
    逆に言うと、ここを歩かないと港に辿り着けなかったんです。。。


    見所満載で、思い出深い小金門島でした。





    special thanks to 黒子課。
    関連記事
    【2007/07/07 15:26】 | おでかけ | コメント(3) | page top↑
    金門島2泊3日の旅-1日目前編
    6月最後の週末に、金門島へ行ってきました。
    ※ぱおこさんは、友人宅でお留守番してもらいました。

    金門島は、福建省南部の沿海に位置する台湾の小さな島。かつては国共内戦の激戦地で、第二次大戦後から1992年の軍事管制が解除されるまでは、大陸との戦いの場となっていました。
    2001年元旦には大陸との交流が正式に認められ、馬祖島と共に大陸との交流の最前線となりました。

    今では台湾の国家公園となり、台湾、大陸両方から観光客が来るようになったそうです。

    台北からは飛行機で1時間弱。便数も多いです。




    お昼に島に到着して、1日目は金門島の隣にある、小金門島へ。
    20070709142023.jpg


    交通手段は船 20070709141337.jpg

    片道48元(1元=約3.5円) 所要時間約10分。

    島に到着してタクシーに乗り込んで、観光開始!

    八達樓子
    20070709145428.jpg


    20070709224037.jpg
    島周囲のこんな道路↑を通って行った場所は海。
    ※非常事態に備えて戦車が通れる道幅と、戦車のキャタピラ幅に合わせた車道が作られています。


    海の向こうに見えるのは、中国大陸。
    20070709222823.jpg





    砂浜を抜けたら



    大陸からの船が上陸できないようにするためのバリケードたち。
    20070709223327.jpg


    きれいで静かな海ですが、海水浴はできません。
    見張り小屋もありました。
    そしてこのバリケードに牡蠣がたくさん生息していて、この島の牡蠣は名物の一つになっています。

    海岸線沿いは未だ厳戒態勢。地雷が埋まっているので好き勝手に歩けません。
    20070709224604.jpg

    ここに限らず、金門島、小金門島は足を踏み入れることができない場所が多いです。

    その一方で、渡り鳥がやって来る平和な島でもあったりします。
    20070709225017.jpg

    バードウォッチングにもってこいな場所がたくさんありました。

    のどかと緊張が背中合わせになっている小金門島。。。

    後編へつづく。


             

    special thaks to 黒子課。
    関連記事
    【2007/07/05 14:06】 | おでかけ | コメント(3) | page top↑
    披露宴に呼ばれたヨ
    先週末、夫の同僚(台湾人)の披露宴に呼ばれました。
    20070704164058.jpg


    台湾の結婚式については、のんたんさんのブログで詳しく紹介されています。

    会場入口は、お約束の二人の写真がお出迎え♪
    20070704164202.jpg

    受付には、大きなアルバムも置いてありました。

    それから、「ご自由にどうぞ」だったので全種類いただいた、名刺サイズの二人の写真。
    写真に写真館の名前が入っているのが台湾らしい。
    20070704164216.jpg


    日本と違って司会者がいない、来賓スピーチがない、台湾の披露宴。
    ※でも最近は日本式を取り入れて、司会者やスピーチ、余興をやったりする人たちも多いようです。

    上座にセットされたスクリーンに、新郎・新婦の小さい頃から現在までの写真が映し出されて・・・
    20070704164226.jpg


    ご両人登場~♪20070704164501.jpg

    新郎が新婦のドレスの裾を気にして、歩きやすいように手伝ってあげていました。優しいぞう。

    二人が着席して、宴の始まりです。
    新郎新婦も、もちろん食事をします。

    日本の披露宴だと食事の時は来賓のスピーチなどがあるので
    新郎・新婦は食事ができないんですよね~。

    私は自分の披露宴の時
    「せっかくなんだから、絶対に飲んで食べる!」
    と心に決めていたのですが、全然食べられませんでした。

    どうせ食べられないんだったら最初から出さないか
    食品サンプルみたいなニセモノを置いておくというので良いかもとも思ったり。。。

    さてこの日のお料理です。

    最初にテーブルに置いてあった紅白のお菓子。
    食べる前に下げられてしまったので、味がわからず・・・。
    20070704164236.jpg


    アワビと帆立涼菜。帆立が大きくて甘かった!
    20070704164253.jpg


    ここで、何かが足りないと感じる夫と同僚たち(台湾人)と私。

    そう、ビール。

    テーブルにはジュースとウイスキーがあるだけで、ビールが出てくる気配はない。

    周りを見ると、大人も子供もジュースで食事をしている。


    ( ̄□ ̄;( ̄□ ̄|( ̄□ ̄||( ̄□||||ガガガーン!!


    どうやらこの宴にはビールがないらしく、ビールを頼むと追加料金が発生してしまうらしい。

    勝手に頼めないしなぁ・・・。(←我慢しようよ、私)

    そこで夫の隣に座っていた同僚、すかさず携帯を取り出す。

    どこに電話かけてんの?

    ま、まさか( ̄Д ̄;;

    上座を見ると・・・

    新郎、ポケットから携帯を出して電話にでる。

    夫の同僚「ビールがないぞ。頼めっ!」

    新郎、我々のテーブルを見ながら頷く。



    数分後



    ビール登場~ヽ(´▽`)/

    ようやく(我らのテーブルの)宴がスタート!

    では引き続きお料理写真を。

    カラスミ・お刺身・海老マヨ。カラスミ美味!
    20070704164303.jpg

    鶏肉とアワビのスープ。一口飲んで、あまりの美味しさに絶句20070704164313.jpg

    海老と野菜の炒め物。海老がプリプリで瞳孔開く20070704164322.jpg

    キノコのオイスターソースかけ。キノコむちむち20070704164333.jpg

    食べそびれた、蟹。
    20070704164346.jpg

    蒸し魚。身がふっくらしていて美味しかった。
    20070704164821.jpg

    ラムチョップ。ラム好きなので、しっかり頂きました。
    20070704164621.jpg

    小籠包。人気集中の一品。
    20070704164357.jpg

    ケーキ。満腹で食べられず。。。
    20070704164450.jpg


    台湾の披露宴は、来ている人の服装も普段着だし、仕切る人もいないので、大人数でのお食事会といったところ。

    カジュアルで、すごく良いです。



    Special thanks to 黒子課。

    関連記事
    【2007/07/03 16:49】 | たべもの | コメント(5) | page top↑
    酒緑茶
    本当は、先月末に行った金門島旅行のことを書きたいのですが

    写真が多すぎて選別できずil||li _| ̄|● il||li

    外国人にとって興味深い所だったので、近日中に更新したいと思います。




    この前海尼根緑茶(ハイネケン緑茶)の情報を求めたところ
    メールでいくつか情報を頂きました。本当に、どうもありがとうございました♪

    ただ、台北市内ではもう流行が終わってしまったのか、お店に行ってもただ今お休み中だったりで、なかなか飲めないでいます。

    運良く金門島で飲むことができました。
    美味しかったので、引き続き市内で売っているお店を探すことにします。

    さて今回、ハイネケン緑茶を探していたとき、ビール緑茶ではないのですが、お酒+お茶の飲み物を発見しました。

    場所は、台北市内 忠孝そごう裏の大安路を市民大道に向かって歩いた右側です。
    20070702231433.jpg


    飲み物の名前は「越軌」←すごいネーミングです。

    ウイスキーや白酒のような度数の高いアルコールと緑茶を混ぜた飲み物。

    飲んでビックリ!かなりアルコールが強いです!
    空腹時に飲んだせいか、かなり酔いがまわりました。
    緑茶も濃くて、ついに飲みきれなくなり
    家に持って帰ってグラスに注いで写真撮影。
    20070702231418.jpg


    他に3種類ほど「お酒+お茶シリーズ」があったので、また試してみたいと思います。
    お店のお姉さんが「ベースのお酒は同じで、混ぜるお茶が違う」というようなことを話していた気がしますが・・・。


    台湾人に「お酒と緑茶を混ぜるってすごいよね~」と話したら

    「日本にはウーロンハイがあるじゃない。それと同じ」

    と言われました。

    確かに。
    関連記事
    【2007/07/01 23:20】 | たべもの | コメント(2) | page top↑
    | ホーム |